サイディング 張り替え 見積り

我が家のモルタル壁も古くなってきたから、新しいサイディングに張り替えたい!
そう思っても、工事費がいくら位になるか分からないと二の足を踏んでしまいますよね。
そこで今回はモルタル壁をサイディングに張り替えたときの費用を、見積り例をもとに解説していきます。

見積り例

  • 木造二階建て戸建住宅・延床面積約100㎡(33坪)
  • 既存のモルタル壁を撤去
  • 窯業系サイディング材に張り替える
名称 仕様 数量 単位 単価 金額
1.仮設工事
外部足場 くさび式 ブラケットー側 残置1ヶ月 材工共 250 架㎡ 940 235,000
シート養生 メッシュシート防炎1類 残置1ヶ月 〃 250 架㎡ 460 115,000
1.小計 350,000
2.解体工事
既存モルタル撤去 手間 130 1,800 234,000
2.小計 234,000
3.外壁工事
透湿防水シート 材工共 130 460 59,800
胴縁張り 厚18×幅45mm @455mm 材工共 130 1,870 243,100
土台水切り ガルバリウム鋼板 厚0.35mm 材工共 30 m 1,910 57,300
窯業系サイディング モエンサイディングS18 リキッドシェイプ シャドーMGベージュ 材料費 135 4,570 616,950
上記サイディング張り 手間 130 2,870 373,100
シーリング 変性シリコン系 材工共 310 m 910 282,100
3.小計 1,632,350
4.外壁付帯工事
高圧洗浄 水洗い程度 軒天部 手間 30 240 7,200
軒天部 アクリル樹脂非水分散型塗料 2回塗り 材工共 30 1,330 39,900
破風板 合成樹脂調合ペイント 2回塗 材工共 50 m 720 36,000
4.小計 83,100
合計 2,299,450
諸経費 合計の15% 344,900
総計 2,644,350

見積り例の解説

先ほどの見積り例を詳しく解説していきます。

 

仮設工事は必ず発生する

仮設工事として外部足場・シート養生を計上しました。
よく外壁工事だけだったら、足場は不要じゃない?という声も聞きますが、そんなことはありません。
高所作業で足場を設置しないと、法令違反になってしまいます。

 

もし法令違反でなくても、足場が無いと不安定で作業のクオリティーが下がります。
安易な値引き交渉で、仮設工事費をカットするのはおすすめできませんね。

 

既存壁の撤去費がかかる

既存のモルタル壁を撤去する解体工事費を計上しています。
これは既存壁がサイディングや木材の場合も同様ですね。
既存壁をそのままに新しいサイディングをかぶせるカバー工法の場合はこの解体工事が不要なので、総工事費も比較的安くなります。

 

サイディング材のグレードによって費用が変わる

今回見積り例で採用したサイディング剤は、比較的価格の安い普及品グレードのもの。
普及品の価格は4,000円/㎡〜5,000円/㎡程度ですね。
これが中級以上のグレードになると、6,000円/㎡〜8,000円/㎡になります。
中級品はサイディングの厚みがあり、耐久性や防音性・断熱性能が優れています。

  • どの程度の工事費をかけて張り替えるのか?
  • 将来のメンテナンス費用はどのくらいか?

このあたりを考慮して、どのグレードの商品を使うのかを決めてください。

 

サイディング工事は通気工法が基本

かつてサイディング材を施工するときは、

  • 防水シートの上に張り付ける直張り工法
  • 胴縁を挟んで空気を通す隙間を空ける通気工法

の二種類が採用されていました。
ただ直張り工法では、施工後にサイディング内部に湿気が溜まってしまい、結露などのトラブルが頻発したのです。
したがって現在では、窯業系サイディング材を施工するときは通気工法を採用することが決まっています。

 

もし業者から見積もりを取ったときに、胴縁張りや土台水切りの項目がなかったら手抜き工事の可能性があります。
注意してくださいね。

まとめ〜高額な張り替え工事だからこそ相見積もりを

サイディング張り替え工事は、塗り替えよりも高額になってしまいます。
ただその分、値引きの余地もある可能性が高いですね。
複数の業者に見積もりをとる相見積もりをすることで、かなり費用を削減できることでしょう。

page top