外壁塗装 大手メーカー

書き出し

自分の家を建てようと思ったとき、多くの人は大手の住宅メーカーに依頼しますよね。

  • 大和ハウス
  • 住友林業
  • 旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)
  • 積水ハウス
  • ミサワホーム

これらの大手メーカーはテレビCMなどでもおなじみですし、多くの実績があるという安心感があります。
そうやって新築した家が10年ほど経つと、そろそろ外壁の塗り直しを検討する時期になります。
そのとき塗装工事をお願いするのは、住宅を建てたときの大手メーカーか、それとも地元の業者か、どちらが良いのでしょうか?
結論から言うと以下の通りとなります。

  • 大規模なリフォーム
    →大手メーカー
  • 屋根塗装など小規模リフォームのみ
    →地元業者

詳しく説明していきましょう。

大手メーカーに外壁塗装を依頼するメリット・デメリット

大手の住宅メーカーは、新築住宅とは別にリフォーム専門の部門があります。
子会社化しているケースも多いですね。

これらは大手メーカーのリフォーム専門の子会社です。

 

大手メーカーで家を新築すると、たいがい10年後にはリフォームのご案内という営業がかかります。
内容としては外壁の塗り直し・防水工事・防蟻処理といったところ。
家を建てたメーカーと同じところに頼むという安心感もあって、お願いする人が多いですね。

 

大手メーカーに依頼するメリット

 

大手ならではの安心感

やはり大手メーカーは施工実績がケタ違いです。
例えば大和ハウスリフォーム株式会社の平成29年度の売上高は856億円
これは住宅だけでなく大型施設の工事も含まれていますが、すごい数字ですね。
それだけのリフォーム工事を手がけているわけですから、安心感があります。

 

アフターフォローが丁寧

大手メーカーは全国に支店・営業所がありますから、工事後のアフターフォローも手厚いです。
無料保証が付いている工事も多いですね。

 

新築時の保証期間が延長になる

これは新築時と同じメーカーでリフォーム工事を行った場合ですが、新築住宅に付いている保証が期間延長になるものもあります。
基礎・土台・柱などの構造躯体が対象になっているものですが、長く住み続けるには有り難い制度ですね。

 

ローンも組める

大手メーカーは、金融機関と連携して低金利のリフォームローンを設定できます。
年率1.3%程度ですから、費用負担も抑えられますね。
(参考:リフォームローン|大和ハウスリフォーム株式会社

 

大きな工事にも対応

外壁や内装の比較的小規模なリフォーム工事ではなく、耐震工事のような大規模なリフォームになると施工実績のある会社が有利ですね。
様々な大規模工事を手がけた実績がある大手メーカーの強みが活きるポイントですね。

 

大手メーカーのデメリット

 

工事費用が高くなりがち

大手メーカーの多くは、自社で職人を抱えているわけではありません。
工事を請け負ったら、中小工務店などに委託して実際の工事を行います。

外壁塗装 大手メーカー

その分のマージン(利ざや)が発生するため、どうしても工事費用は高くなってしまします。
例えば延床面積30坪の外壁塗装工事(シーリング込)で、最低でも130万円。
しかもこの金額は付帯工事(軒天の塗装など)を含まない数字ですから、ちゃんと計算するとおそらく150万円程度になるでしょう。
(参考:屋根・外壁|費用の目安|大和ハウスリフォーム株式会社
これを地元業者に依頼すれば余計なマージンが発生しませんから、同等の工事で100万円以内に収まります。

 

すぐに工事できないことも

先ほど書いたように実際の工事は、委託先の工務店が行います。
したがって打ち合わせ・契約に加えて工務店への発注もありますから、準備段階で時間が掛かってしまうというケースもありますね。

地元業者のメリット・デメリット

外壁塗装や屋根塗装など限定的な工事をお願いするのであれば、地元業者のメリットが活きてきます。

 

地元業者へ依頼するメリット

工事費が抑えられる

地元業者は工事の受注から施工まで自社で行いますから、余計なマージンが発生しません
したがって大手メーカーより安い工事費で済みます。

 

フットワークが軽い

やはり近くに会社があるということで、現地調査やヒアリングもすぐに行ってくれます。
職人も自社で抱えていますから、工事日程のスケジュール調整も容易ですね。
なるべく早く工事して欲しいというニーズにも応えてくれるでしょう。

 

地元業者のデメリット

悪質業者に当たるかも

地元業者といっても、良い会社ばかりではないのが現実です。
特に自宅に直接来る訪問販売業者は、悪質な会社である可能性が高いですね。
悪質業者に当たるリスクを避けるには、優良業者のみが登録している一括見積りサービスを利用するのが早道です。

 

他の部位には対応できない可能性

中小の工務店などでは、得意とする工事内容が限られていることがあります。

  • 外壁塗装工事と一緒に内装も大幅にリフォームしたい
  • 耐震補強工事もして欲しい

このようなニーズには、その会社だけでは応えられない可能性もありますね。

まとめ~屋根・外壁塗装工事なら地元業者の方が良い

ということでまとめると、冒頭でも述べた結論になります。

  • 大規模なリフォーム

    →大手メーカー

  • 屋根・外壁塗装のみ

    →地元業者

といったように検討してみてくださいね。

 

優良な地元業者を探すには一括見積りサービス

page top