外壁塗装 グレー

外壁塗装 グレー,外壁 グレー 後悔,外壁 グレー おしゃれ

外壁塗装の色で人気カラーのひとつに、グレー系色があります。
都会的でモダンな印象を作りやすいのが、人気の理由ですね。

 

ただグレー系の場合、色の選び方を誤ると重たくて堅苦しい印象になってしまうことも。

 

ここではグレー系の外壁塗装で、失敗せずにオシャレに仕上げるコツを解説していきましょう。

 

希望の仕上がりを実現するには、技術が確かな塗装会社を選ぶ必要があります。

  • 丁寧なヒアリングをしてくれる
  • シミュレーションや塗りサンプルを提供
  • プロの目による的確なアドバイス

こんな優良業者を探してくれる無料のサービスがあるのを、ご存知ですか?
厳選された地元の塗装会社を複数紹介してくれるサービスヌリカエを活用して、イメージ通りの塗り替えを実現させましょう。

\相談・見積もり無料/

↑かんたん入力↑

 

外壁色をグレーにするメリット|都会的なイメージが人気の理由

外壁塗装 グレー メリット

外壁塗装でグレーが人気なのは、なぜか?
そのメリットを挙げてみましょう。

  1. 汚れが目立たない
  2. シンプルモダンな落ち着いたデザインになる
  3. 明度によるバリエーションが豊富

それぞれ解説していきますね。

 

汚れが目立たない

外壁 グレー 汚れが目立たない

外壁塗装の色選びでは、なるべく汚れが目立たない色にして欲しいという要望が一番多いです。
別記事でもお伝えしているとおり、

  1. ベージュ
  2. グレー
  3. ブラウン(茶色)

の3種類が汚れが目立たない人気色ですね。
この中でもグレー系は、都市部で人気が高い傾向です。

 

シンプルモダンな落ち着いたデザインになる

外壁 グレー シンプルモダン

ベージュやブラウン系の外壁色は、ともするとボンヤリして野暮ったい印象になります。
その反面グレー系であれば、シンプルでモダンな印象を作りやすいですね。
都会的なイメージを求めている人には、グレー系をおすすめします。

 

明度によるバリエーションが豊富

外壁 グレー 明度

ひとくちにグレーといっても、明度(明るさ)によって印象がだいぶ違いますね。
明度の高いグレーは軽やかなイメージですし、明度の低いグレーは重みのある大人っぽい印象です。

グレー 色見本 日塗工

グレー色を外壁塗装で使うときは、この明度の差を意識して色選びをすると良いでしょう。

デメリット|地味なイメージになりがち

外壁 グレー デメリット

グレー系は外壁塗装で人気が高い一方、

  • 面白みがない
  • 温かみがない
  • 圧迫感がある

というマイナスイメージもあります。
この理由としてはオフィスビルや市町村役場などの建物のイメージが強く、堅苦しい印象を与えるからかもしれません。
また打放しコンクリートに似ているので、重量感がある&圧迫感があるというイメージを与えています。

特に明度の低い(暗い)グレー色は、重たい印象を与えやすいので注意が必要ですね

グレー系の外壁塗装でオシャレに魅せるコツ

グレー色のメリット・デメリットを踏まえた上で、オシャレにするコツを挙げてみましょう。

 

ベージュとの塗り分けでメリハリを付ける

外壁 グレー ベージュ

グレーを単独で使うと、デメリット(温かみがない等)が目立ってしまいます。
他の色と組み合わせることで、グレーのメリットを活かせるようになりますね。

 

特に白と組み合わせるとメリハリが付けられますが、白は汚れが目立ちやすいというデメリットも。
白の代わりにベージュと組み合わせると、汚れに強く、かつモダンなデザインになりますね。

 

木目調をくわえて温かみのある印象に

外壁 グレー 木目調

グレーに自然素材を組み合わせることで、シャープさの中にも温かみをプラスすることができます。

 

自然素材として入れやすいのは木材ですね。
木目調が加わることで高級感が増すという効果もあります。

 

木材を取り入れやすいのは、

  • 玄関ドア
  • バルコニー手すり
  • ウッドデッキ
  • サッシ木枠

などのパーツです。

 

黒をワンポイントで使ってシャープに

外壁 グレー 黒

グレーの中に黒をワンポイントで使うと、よりシャープな印象になります。

  • サッシ枠
  • 玄関ドア枠
  • 破風板や鼻隠し
  • 雨どいや縦樋

以上のようなパーツを黒く塗装すると、引き締まりますね。

黒は強い色なので、広い面積で使うと重い印象になってしまいます。
あくまでもワンポイントで入れるのが、賢い使い方ですね。

 

ブルーグレーなどの近無彩色

グレー 近無彩色

グレーは白や黒と同様に、彩度のない無彩色です。
しかし色の中には、わずかに彩色された近無彩色と呼ばれる色があります。
一見するとグレーと変わらないのですが、うっすら色を感じるので単純なグレーより味わい深い印象を与えますね。
日本塗装工業会(日塗工)の色見本の中にも、

  • スカイグレー
  • ブルーグレー
  • ゲインズボロー

といった近無彩色がありますので、日塗工のホームページで見ておきましょう。

失敗しないコツ|事前のシミュレーションが大切

外壁塗装の色選びでは、事前のシミュレーションが重要です。
特にグレー系を選ぶときは、明度によりイメージが変わる点に気をつけておきましょう。

 

明度による面積効果を理解しておく

グレー 面積効果

色、特にグレー系は明度による違いがハッキリ現れます。
前半でも軽く触れましたが、明度とは色の明るさのこと。
同じグレー系の色でも、明度によってまったく印象が異なりますね。
さらに住宅の外壁塗装の場合は、面積効果にも気をつける必要があります。
色見本帳などの小さい面積で色を選んでも、大きい外壁に塗った場合は色のイメージが異なることが多いです。
これが色の面積効果。

  • 高明度(明るい)色:
    面積が大きくなるほど明るく見える
  • 低明度(暗い)色:
    面積が大きくなるほど暗く見える

つまり面積が大きくなると、その色の特徴がよりハッキリ現れるということ。
実際に塗装した後で「こんなはずじゃなかった……」とならないように、色選びは慎重に。

 

見本となるサンプル板を作ってもらう

外壁塗装 サンプル板

-カルテットブログより引用-

実際に塗装会社で外壁の塗り替えを依頼すると、実際に塗装したサンプルを作ってもらえます。
これをサンプル板塗板サンプルなどと呼びますね。
サンプル板はサイディングなどに実際に使う塗料を塗装するわけですから、かなり本番に近いイメージを得られるというメリットがあります。

  • 艶の有無・程度
  • 凹凸などのテクスチャの違い

単純に色だけでなく、上記のような違いについてもイメージしやすくなります。
業者と契約を結ぶ際には、必ず「サンプル板を作ってくれますか?」と聞いてみてください。

実際に周辺の家を回ってチェックしてみる

すでに建っている家の外観を見ていると、いろいろな違いがわかって参考になりますね。
自分の家の周辺を散策しながら、気になる家の外壁をチェックしてみてください。
塗装会社にもイメージを伝えておくと、より理想に近い色選びができますよ。

 

>色選びに精通した塗装会社を探す

page top